遺品の処分は意外とお金がかかるんですその解決法教えます

親兄弟とりわけ親を亡くしてしまうと悲しみは辛いもの、、ですが悲しみにくれている訳にもいかずアルバムや箪笥、着るものなど思い出の品々をどうするかというつらいけれど厄介な問題も起こります。
 
親などの遺品は部屋に放置しておくわけにいかず、家にもそのスペースが無い場合がほとんど。
 
故人が大切にしていたもの、思い出がつまったものはむげに簡単には捨てられませんよね。
 
粗大ゴミにして処分ができずにいて、そこで専門の遺品の処理業者に頼むとなると意外に費用がかかるんです。、そこでネットなどで調べ合い見積もりをして安いところにしたいと思うのは誰でも同じ、、

 
価値がありそうなものなら骨董品として売るという手もあり、大切に扱ってくれそうな人にわたれば故人のためにもまた自分も安心します。でもなかなかそうで無いものもあるわけで、、
 
例をあげると重くて大きく使えそうな桐のタンスや鏡台、意外と厄介なのが布団。自分で使えるのは残せるにしてもこれらは無下にもできず、実に悩ましいもの。
 
 解決法の一つとして
 
「お焚き上げ」といって故人が愛用したものを遺品整理の専門業者に任せのも一つの方法です。社会福祉事業の一つで、産業廃棄物の認可も受けています。
 
例えば大型の仏壇やベッド、これらは意外な大きさがありしかも重いのでかなり高くつくことを覚悟する必要があります。
 
あとはタウンページやネットで葬儀店、仏壇店などに相談してはいかがでしょう。
 
さらにリサイクル店も要チェック。故人も自分も大切だと思うものを最小限にすれば、意外とコンパクトにできるのでは無いでしょうか。
 
遺品をかたずけようとすると発生する問題は

その一 業者に頼むと一応は安い見積もりを出しますが追加料金を請求されてしまうこと
その二 普通の家具など作業と違いやっつけ仕事になる

 
割高になる理由

そもそも遺品整理はどのように処理するのでしょうか。

 
遺品の整理は普通のゴミと違うのでその専門の処分場に運ばれることになります。
 
公営の施設とは違い民間の処分場なので、再利用を目的にするために紙、鉄、プラスティック、木材製品などに分類する必要があります。なので人件費と時間がかかり割高になる傾向があるんですね。
 
賃貸、持ち家に限らず、仮に2LDKの場合だと作業員は四人で18万円くらい。なのであらかじめ分類し整理しておくことが大切。費用削減にもなります。
 
運搬はトラックになるので遺品を運ぶためのトラックの駐車スペースをあらかじめ確保すること、戸建ての場合は箪笥など大きなものはつり降ろしたりする手間がかかる。
 
マンションのエレベーターは住民を優先するので階段を使うことになることも。そんなわけで遺品の運搬は引越しとちがい、通常の引越しよりも費用や時間がかかるんです。

 
不要でもしかしゴミでは無いとすれば、、解決法の一つがあるんです。
 
トランクルーム かレンタルボックス を検討してみてはどうでしょうか、、
 
最小限の遺品を残し、心の整理ができたところで改めて考え流のも一つの方法です。
 
トランクルーム かレンタルボックスは最短10分で申し込みができます。とりあえずの対策法だと言えます。

 
トランクルーム かレンタルボックスは初月の使用料はタダ。費用は1000円台(管理費なし)ネットで申し込めば3300円もお得になるんです。
 
屋外型なら0.7帖からで幅1.1m、奥行き1.08m、高さ2.25m ダンボールなら20個くらい収納できそう。


さらに1.6帖、2帖、2.6帖、4帖、8帖タイプも。こちらはなんと人も住めそうなスペース。

 
季節の気温や湿度に関係なく収納したければセキュリティが万全な屋内型もあります。
運搬サービス(有料)もあります。

 

 
屋内型 
 
 検索はこちらから